お問い合わせ

再生紙の作り方

再生紙の作り方

再生紙の作り方は、一般の紙の作り方とほとんど変わりません。
再生紙と一般の紙の製造の違いは、原料が違うということです。

紙の原料であるパルプにはいくつかの種類があります。
木材から作られるKP(Kraft Pulp:化学パルプ)GP(Ground Pulp:機械パルプ)TMP(Thermo Mechanical Pulp:機械パルプ)などと、古紙から作られるDIP(Deinked Pulp)があります。
そして、それぞれのパルプの配合する比率を変えることにより、いろいろな種類の紙ができるわけです。
たとえば、ノートのような真っ白な紙はKP100%で作られ、新聞用紙はKP、GP、TMP、DIPを適当な比率に配合して作られるのです。

再生紙の原料である
DIPの作り方

集団回収などによって集められた古紙は、古紙問屋で新聞、雑誌、段ボールなどに分別され、それぞれの古紙が使用される製紙会社に運ばれます。

運ばれた古紙は、温水や薬品とともにパルパーという機械に入れられ攪拌されます。
それによりドロドロに解きほぐされ、同時に印刷されていたインクも剥がされます。

次にフローテーターで空気の小さな粒(泡)にインクをくっつけて、浮上させることによりインクが除去されます。
そしてスクリーンという機械で、古紙中のプラスチックや金属などの異物を取り除きます。

そして、最後にウォシャー(洗浄機)で古紙中の汚れを洗い流せば、きれいなパルプ、すなわちDIPが出来上がります。

こうしてできたDIPとほかのパルプ・無機物・薬品を混合し、抄紙機で紙にしたものが再生紙と呼ばれるのです。

  機械パルプ再生パルプ化学パルプ
パルプ名GPTMPDIPNBKPLBKP
原料皮をはいだ松などの丸太針葉樹チップ古新聞などの古紙針葉樹チップ広葉樹チップ
製法回転する円筒型の石に、木材を押し付けすり潰しますチップを加熱しすり潰します大型ミキサーで離解して、インクとパルプを分離高温・高圧の釜の中で木材を薬品で煮て、繊維を取り出し真白に漂白する
特徴インクの吸収がよい。
不透明性が高い。
紙に嵩を付け弾力性が付きます。省資源
省エネルギー
長繊維で強いパルプ滑らかな紙肌を作る真っ白いパルプ。
機械パルプ
パルプ名 GP TMP
原料 皮をはいだ松などの丸太 針葉樹チップ
製法 回転する円筒型の石に、木材を押し付けすり潰します チップを加熱しすり潰します
特徴 インクの吸収がよい。
不透明性が高い。
紙に嵩を付け弾力性が付きます。
再生パルプ
パルプ名 DIP
原料 古新聞などの古紙
製法 大型ミキサーで離解して、インクとパルプを分離
特徴 省資源
省エネルギー
化学パルプ
パルプ名 NBKPLBKP
原料 針葉樹チップ 広葉樹チップ
製法 高温・高圧の釜の中で木材を薬品で煮て、繊維を取り出し真白に漂白する
特徴 長繊維で強いパルプ滑らかな紙肌を作る真っ白いパルプ。
パルプを調合

新聞用紙
一般印刷用紙
はがき用紙
書籍用紙
コピー用紙など