産業廃棄物収集全般・再生資源出荷業・日南環境株式会社

お問い合わせ

ISOって何?

ISOって何?

最近、『ISO取得』と書かれた看板を掲げた企業や、トラックをよく見かけます。
では、『ISO』とは何なのでしょう?

ISOは“国際標準化機構(International Oganizaition for Standardization)"の略称で、
1947年に創立された民間国際機関です。
本部はスイスのジュネーブにあり、物やサービスの流通を促進するための国際的標準規格を作っています。

ISOで定められた規格は、多種にわたり様々です。
身近なところでは写真のフィルムにもISOで決められた規格が使われています。
「ISO100」や「ISO400」などと表示されているので、
興味のある方はチェックしてみてください。

私たちの生活に多種において関わっているISO規格のなかでも、
『品質管理及び品質保証の規格であり、製品そのものではなく、
企業の品質保証体制についての要求事項を規定した国際規格』である「ISO9000シリーズ」と、
『環境マネジメントシステムに関する国際規格』である「ISO14000シリーズ」は
最近特に話題になっており、今後においてもさらに大きな影響力をもつことでしょう。
そのなかでも、「ISO14000シリーズ」は地球環境問題などの影響を受け、
企業だけでなく市町村などの地方自治体も取得に向けての動きを取っています。

ISOのなかでも、特にリサイクルに関わりが深い
『環境マネジメントシステムに関する国際規格』である「ISO14000シリーズ」ですが、
そもそも環境マネジメントシステムとは、企業などが、企業活動や製品を通じて
『環境に与える負荷をできるだけ減らすように配慮したシステム』のことをいいます。
そのため「ISO14000シリーズ」は、『環境ISO』とも呼ばれます。
「ISO14000シリーズ」の概要は以下のとおりです。

規格の分類規格番号規格名規格の概要
環境マネジメントシステム(ems) 14001仕様及び利用の手引き 要求事項及び利用について
14004 原則、システム及び支援技法の一般指針 14001の利用に際してのガイド
環境監査(ea) 14010一般原則 環境監査についての原則
14011監査手順…環境マネジメントシステムの監査監査の手順、方法
14012環境監査員のための資格基準環境監査員の資格要件等
19011品質及び環境監査の指針品質監査、環境監査に関する統合
14015サイトアセスメントサイトに関する評価
環境ラベル(el)14020一般原則el に関する一般原則
14021自己宣言による環境主張…用語と定義自己主張ラベルに関する用語と定義
14024第三者認証による原則と実施方法第三者認証のel制度の実施機関ガイド
14025タイプⅲ…環境情報表示第三者認証のel制度の実施機関ガイド
環境パフォーマンス評価(epe)14031環境パフォーマンス評価の指針自主的に環境側面に関するマネジメント結果を評価するガイド
ライフサイクル
アセスメント
(lca)
14040原則及び枠組みlcaに関する基本原則及び全体のガイド
14041インベントリ分析 : 一般製品に対するインベントリ分析の手順
14042インパクト(影響)評価製品の潜在的な環境影響の重要性を評価
14043解釈得られた知見を統合するための手順
14049インベントリ分析:特定 
 14050用語と定義14000シリーズにおける用語と定義を規定

『ISO14001』について

前記のとおり、さまざまなガイドライン(指針)が用意されている「ISO14000シリーズ」ですが、
その中でも、特に知られているのが『ISO14001』でしょう。
では、『ISO14001』で定められた規格とはどういったものなのでしょう?
組織体は、ISOで定められたガイドラインを参考に、「14001」に適合した環境マネジメントシステム
『EMS“Environmental Management System"』を構築・実行・維持します。
「ISO14001」で定められた規格はさまざまな業種に適用可能で、製造業をはじめ、
建設業、サービス業、ホテル、レストラン、情報技術分野、医療、社会福祉、公共団体など、
あらゆる分野へと広がっています。

「ISO14001」では、代表者が声明する環境方針のもとで、
P (Plan)D(Do)C (Check)A (Action)のマネジメントサイクルをまわすことを規定しています。
また、『組織の活動、製品またはサービスから出される
環境影響を継続的に改善するための最低限の要求事項(Minimum Requirement)』を規定しているため、
これに適合したマネジメントシステムを構築・実行・維持することは、
『法的その他の要求事項を満たし、環境影響を継続的に改善する能力(マネジメントシステム)がある』ことになります。

……専門用語が多くて難しいですね。